読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「13階段」 高野和明

 犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その免罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。 処刑までに残された時間はわずかしかない。 二人は、無実の男の命を救うことができるのか。 江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。 (文庫裏表紙より)

 

  高野和明さんのデビュー作にして、江戸川乱歩賞受賞の秀作です。基本的には、ミステリー小説なので、主人公である「三上」と「南郷」が、死刑囚の冤罪を証明するために謎を解明していくという内容です。

 ただ、その中にタイトル「13階段」の意味する死刑制度(作中では、他の意味も表していますが)について、詳細に記載することにより、読者に死刑制度に対して考えるきっかけをも与えていると思います。

 冒頭に、死刑囚が、朝9時にやってくるかもしれない死刑執行のお知らせに怯える日々が書かれています。そのことにより、死刑囚にとっては、時間が残されていないという緊張感のある設定となっています。もちろん、死刑囚は死刑になるほどの犯罪を犯しているわけですから同情に値しないと思います。「ただ、それが冤罪だったら」ということです。

 また、死刑制度については、死刑囚の冤罪に焦点が当てられることが多いですが、この作品では、死刑執行を行う刑務官の苦悩にも焦点を当てています。死刑というのは、国家による殺人であり、とてつもなく重い行為なのです。ただ、死刑制度という重いテーマを押し付けているわけではありません。

 そういう深いテーマを扱いながらも、ミステリー作品としての完成度は非常に高いと思います。死刑囚の「階段」の記憶を基に、謎が謎を呼び物語は進んでいきます。そのテンポも非常に小気味良いです。

 そして、何より登場人物が非常に豊かに描かれています。それぞれは背負った物の重さに苦しみながら生きています。特に、刑務官の南郷は、国家による殺人である死刑を行う立場がどれほど苦しいかということを、じっくりと伝えてきます。

 後半は、二転三転とする展開に引き込まれ一気に読み進んでしまいます。文章も読み易く、無理のある謎解きや設定はありません。よくミステリー小説でありがちな謎を絡ませ過ぎてよく分からなくなるといったこともありません。

 構成がしっかりとしているので、非常に高いミステリー性を構築しています。しかも、全ての登場人物が役割を担っており意味のない登場人物はありません。 

 捜査のプロが登場するわけではないのに関わらず、どんどん新しい証拠を発見していく様に違和感を感じるかもしれませんが、私はその部分についても、あまり気になりませんでした。

 ミステリーなので、全くの白紙の状態で読んでいただきたいので、文庫裏表紙以上のあらすじは、ここでは書きません。ただ、ミステリー作品としても、また、死刑制度について知るきっかけにもなる作品です。

 最後は少し考えさせられる終わり方なので、すっきり終わりたい方は少し不満が残るかも。

 

13階段 (講談社文庫)

13階段 (講談社文庫)

 

「博士の愛した数式」 小川洋子

 「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた―記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言葉だった。やがて私の10歳の息子が加わり、ぎこちない日々は驚きと歓びに満ちたものに変わった。あまりに悲しく暖かい、奇跡の愛の物語。第1回本屋大賞受賞。(文庫裏表紙より)

 

 この小説は、なんと表現すればよいか分からない作品です。ただ、純粋で切なく優しい気持ちにさせる物語です。愛の物語と書いていますが、これは人間愛のことなのでしょう。

 淡々と進んでいく物語は、人によっては退屈かもしれません。でも、自然と読み進めていってしまいました。終わってみれば、自分の心に何か暖かいものが灯っているようでした。

 あまり詳細に書評をするような作品ではないのかもしれません。ただ、読んでみて人それぞれが、思い思いの感想を持てばよいと思います。

 このような美しい文章と内容になったのは、やはり数学を使ったからでしょうか。数学者は答えを導きだすことはもちろん、その美しさを求めるからです。人の心の美しさと数学の美しさがリンクし、物語を純粋で美しいものにしているのでしょう。

 これ以上は語りません。あとは、ご自身で読んでみてください。

 子供にも読ませたい作品でした。

 

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

「神々の山領」 夢枕 獏

 カトマンドゥの裏街でカメラマン・深町は古いコダックを手に入れる。そのカメラはジョージ・マロリーがエヴェレスト初登頂に成功したかどうか、という登攀史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの過去を追って、深町はその男と邂逅する。羽生丈二。伝説の孤高の単独登攀者。羽生がカトマンドゥで目指すものは?柴田錬三郎賞に輝いた山岳小説の新たなる古典。(上巻裏表紙より)

 その男、羽生丈二。伝説の単独登攀者にして、死なせたパートナーへの罪障感に苦しむ男。羽生が目指しているのは、前人未到のエヴェレスト南西壁冬期無酸素単独登頂だった。生物の生存を許さぬ8000メートルを越える高所での吐息も凍る登攀が開始される。人はなぜ、山に攀るのか?永遠のテーマに、いま答えが提示される。柴田錬三郎賞に輝いた山岳小説の新たなる古典。(下巻裏表紙より)

 

 この小説を読んで、「なんと重厚な内容の小説なんだろう」という、震えを感じるような圧倒的な迫力を感じました。まさしく、重くて厚い。

 読み始めたきっかけは、映画「エヴェレスト 神々の山領」が公開されたので、原作の小説を読んでおこうと思ったからです。結局、映画はまだ見ていませんが。エヴェレスト登頂に挑む登山家の冒険的な話なのかなと思って読み始めたのですが、見事に期待を裏切られました(もちろん良い意味で)。これは、羽生丈二という男の物語であり、8000m級の山を登攀することでしか生き方を表すことができない男の物語です。

 裏表紙にあるマロリーのカメラは、深町が後半に言うように、羽生との出会いを作ったきっかけに過ぎません。ただ、そのきっかけがあったからこそ、この物語が始まることになるのです。

 上下巻で1000ページを超えるボリュームです。しかし、その途中で一切だれるような部分はありません。上巻は、羽生丈二がどういう男かということを、深町の眼を通じてひたすら語り続けます。なので、基本的には過去の話がメインです。ただ、上巻まるまる一冊使っても語りつくせないほどの厚みのあるキャラクターとして、羽生丈二という男が仕上がっていきます。まるで、羽生丈二が本当に実在しているかの様な気がしてきます。

 ちなみに、この話はフィクションですが、ジョージ・マロニーの話は実話です。また、羽生も「森田勝」という登山家がモデルと言われており、彼のエピソードも使われています。そのためか、実話ではないかと思わせます。

 この作品は、まず読んでほしいと思います。登山のことを知らなくても十分楽しめますし、下巻に至っては一気に読み終えてしまうくらいのめりこんでしまうことだと思います。

 最初から最後まで、余計なことは書かれておらず、また、書き足らないものは何もない。そんな感じです。

 作者が、あとがきで、「全てを出し切った」と言っていますが、まさしくその通りかもしれません。

 是非、読んでください。おすすめです。

 

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)

 

「カラフル」 森 絵都

 生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点が見えてくるようになるのだが……。(文庫裏表紙より)

 

  文庫裏表紙には、「老若男女に読み継がれる不朽の名作」とも書かれていますが、産経児童文芸賞 受賞作品ということで、子供(と言っても中高生くらい)でも非常に読みやすい文章になっています。

 この作品は、冒頭に強引な設定を強いてきます。少しだけ書き出すと、

 死んだはずの僕の魂が、ゆるゆるとどこか暗いところへ流されていると、いきなり見ず知らずの天使が行方をさえぎって、「おめでとうございます。抽選に当たりました!」と、まさに天使の笑顔を作った。

 

 この抽選が、輪廻のサイクルから外れた罪深い魂にやり直しの機会を与えるものです。まあ、この設定がないと物語は始まらないのですが、いきなりの前触れなしの無茶設定。しかも天使の名前が「プラプラ」。この冒頭の部分をスムーズに受け入れられるかどうかで、この後の物語を受け入れられるかどうかが決まると思います。

 こんなバカな!と思ってしまえば、物語の土台が崩れてしまいます。私は、よくこんな設定を思い浮かぶものだと感心しながら読み始めました。特に抵抗はなかったということです。また、この「ぼく」と天使「プラプラ」の話の掛け合いが、漫才のようなテンポの良さで思わず顔がほころびます。罪深い魂とは、とても思えません。

 しかし、この物語は、自殺を図った真を中心とした物語です。もちろん、中身は「ぼく」ですが。重い題材なのです。真は世界の「負」の部分しか見ておらず、真にとって、世界は一色であったのだと「ぼく」は思い知らされます。ただ、真として家族・クラスメートと接するうちに、世界は一色ではなく多彩(たさい)だと「ぼく」は気付き、話は結末へと導かれていきます。

 重い題材でありながら、天使「プラプラ」が要所で登場することにより、重苦し過ぎることなく、それでも、伝えるべきことは伝えている。そんな感じでした。人によっては、「プラプラ」が出ることにより、「ふざけている」と感じる方もいるかもしれません。ただ、この物語を、現実の中高生に読んでもらいたいと思って書いたのなら、「プラプラ」は必要な登場人物だと思います。

 後半に入ると結末が想像できるようになってきますが、その通りの結末に落ち着くことで、なんとなくホッとさせられました。

 是非、中高生に読んでほしいと思います。文章のボリュームもあまりなく、半日あれば読み終えるくらいです。ただ、援助交際の話も出てきますので、小学生には、まだ早いかなとは思います。

 

カラフル (文春文庫)

カラフル (文春文庫)

「64」 横山秀夫

 元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。記者クラブと匿名問題で揉める中、<昭和64年>に起きた誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。だが被害者遺族からは拒絶され、刑事部からは猛反発をくらう、組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、ミステリ界を席巻した著者の渾身作。(上巻 裏表紙より)

 記者クラブとの軋轢、ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。そして視察当日、最大の危機に瀕したD県警をさらに揺るがす事件が―。驚愕、怒涛の展開、感涙の結末。ミステリベスト二冠、一気読み必至の究極の警察小説。(下巻 裏表紙より)

 

 とにかく読み応えのある作品でした。もちろん量ではなく、内容の厚みです。

 「犯人は、まだ昭和にいる」

  わずか7日間でその幕を閉じた、昭和64年。その間に起きた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。未解決のまま時は過ぎ、時効まで1年と迫ったある日、「ロクヨン」を模した誘拐事件が発生する――。

 これが、映画のキャッチコピーです。

 「ロクヨン」を模した誘拐事件を軸に、時効直前の「ロクヨン」の真相が明らかになっていく・・・。そういう内容だと思っていました。

 しかし、主人公の三上義信は元刑事で、「ロクヨン」の捜査に関わっていたとはいえ、現在は不本意ながらの広報官。誘拐事件を捜査していく立場ではありません。また、物語も、三上の警察内部における立場や葛藤を軸に進んでいきます。

 刑事部と警務部の対立。県警広報と記者クラブの溝。キャリアとノンキャリ。中央と地方。警察という権力組織の中に蠢く争いは、民間のそれよりも恐ろしいものなのかもしれません。それに加えて三上と娘の確執も絡んできます。

 それらを複雑に絡ませながら、あらゆる伏線を張っていきます。伏線と最後まで気付かせないものもあります。その伏線が、物語の終盤に一気に収束し、ものすごいスピード感で全貌を明らかにします。

 未解決誘拐事件を題材にしながらも、主役は警務部の広報官。しかも、刑事部とマスコミ、上司や部下との板挟みの中にありながらも、職責を果たそうと必死になっている姿が、主人公の人間性を明確に表現しています。

 物語のあらゆる場面が終局への伏線となっていますので、内容に触れた感想を書きづらいところもありますので、あまり語ることができません。

 ただ、終盤のスピード感に比べれば、そこに至るまでの話は、警察内部の権力闘争・縄張り意識・陰謀渦巻く駆け引きなどが描かれており、息苦しさを感じるかもしれません。その部分で、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、一気に最後まで読み切っていただきたい。登場人物も多めなので、「誰だったかな?」ということからも一気読みを推奨します。

 広報官という立場上、自らが動いて事件を解決するわけではありませんが、それもまた、おもしろい点でもあると思います。

 あれだけの伏線を収束させた展開は、見事の一言に尽きると思います。

 NHKドラマと映画で映像化されています。ドラマでは「ピエール瀧」、映画では「佐藤浩市」が主人公の三上ですが、ピエール瀧の方がイメージかなという気はします。

 

64(ロクヨン)

64(ロクヨン)

 

「ゆりかごで眠れ」 垣根涼介

 壮絶な幼少期を過ごしながらも、コロンビア・マフィアのボスにまで上りつめた日系二世のリキ・コバヤシ・ガルシア。その彼が、一人の少女を伴い来日した。目的はライバル組織に売られ、日本警察に拘留されている部下の奪還と復讐、そして・・・(上巻 裏表紙より)

  ゴンサロへの復讐を果たし、日本警察からのパパリト奪還を急ぐリキ。ある日、彼は、迷子になったカーサを送り届けた元刑事・若槻妙子と出会う・・・。安らぎを夢見つつも、憎しみと悲しみの織の中でもがき彷徨う男と女。血と喧騒の旅路の果てに待つものは、一体何なのか?(下巻 裏表紙より)

 

 南米コロンビアのマフィアの話です。といっても、舞台は日本。上巻裏表紙にあるとおり、ライバル組織に売られた部下の奪還と復讐を中心に、主人公のリキ・コバヤシ・ガルシアと少女カーサ、元刑事の若槻妙子を軸に物語は語られます。

 南米への戦後日系移民の悲劇が根底にあるので、主人公は日系二世にしているのでしょう。同作者の「ワイルドソウル」(是非読んでください。この本の感想はまた後日します)で語られている戦後の移民(棄民)政策によって生まれた日系人の悲劇が主人公の個性に色濃く反映させられていると思います。もちろん、その悲劇以上の悲劇を幼少期に受けていることも多大な影響を及ぼしています。

 南米麻薬マフィアの抗争を描きながら、家族を失ったリキが本当に求めているのは何なのか?それを、考えさせられます。

 「愛は十倍に、憎悪は百倍にして返せ」の通り、百倍にして返す暴力シーンは、嫌悪感を抱く人もいるのではないかなと思います。

 ただ、南米麻薬マフィアの過激さを日本という舞台で描くために、日本の警察を赤子の様に扱い部下を奪還するシーンなどは、そこまで日本の警察も無能ではないだろうと思ってしまいます。

 マフィアとして生きてきたからには、いつかは地獄に落ちる事を理解しているリキが、抜けられない負の連鎖の中で見出した希望が、カーサであり、若槻妙子なのであろうと思います。

 物語の展開は早く、一気に読み進んでしまいます。リキを、魅力的に描いていますが、コロンビアの麻薬マフィアのボスであることを考えれば、やっぱり悪人であることに変わりはないのです。その罪をあまり描かずに、リキの悲劇ばかりが際立っている感がありますが、スピード感のある物語に引き込まれます。 ただ、読む人によって、感想はかなり変わるかなとは思いますが。

 「ワイルドソウル」よりも、話がたんたんと進んで行ってしまうので、読みやすいと言えば読みやすいです。

 

ゆりかごで眠れ〈上〉 (中公文庫)

ゆりかごで眠れ〈上〉 (中公文庫)

ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)

ゆりかごで眠れ〈下〉 (中公文庫)

 

「夜のピクニック」 恩田 陸

 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。それは全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通すという、北高の伝統行事だった。 甲田貴子は密かな誓いを胸に抱いて、歩行祭に望んだ。三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために・・・(文庫裏表紙より)

 

 主人公である高校三年生の「甲田貴子」とクラスメイトである「西脇融」との物語を「歩行祭」を舞台にして描いた青春物語といったところです。甲田貴子と西脇融の微妙で高校生にとっては非常に切実な関係。今の自分の年齢では、折り合いをつけることができる大した問題ではないとは思うものの、もし、自分が高校生だったらと思うと、この二人の気持ちも理解できるものかもしれません。

 また、全校生徒が80キロを歩きとおす「歩行祭」というイベント。ただ、歩き続けるだけですが、そこでしか感じることのできない感情や友人たちの素顔を通して、二度と戻らない時間を共有していく様が描かれています。素直な感情を呼び起こさせる苦しい「歩行祭」を通じて、二人の間のしこりを溶かしていく。まさしく、青春小説だなと思いました。

 この二人の登場人物以外のクラスメートも、個性豊かで、それでいてその個性を表現するのに説明臭くなく、「歩行祭」の中で自然と描かれています。歩き続けるという舞台ですが、その途中で物語がだれることなく、一気に読み終えるくらいの内容でした。

 こういう青春小説を読むと、自分がもはや高校生に戻ることもできないし、その時の感情や考え方を理解はできても取り戻すことは出来ないんだなと、寂しいような感傷的な気持ちになってしまいます。読み終えて、爽やかな気分になると同時に、自分に対して寂しくなるという複雑な気持ちですね。なんとなく過ごした自分の高校時代を思い返すと、時間を巻き戻したい気分です。

 高校生が読めば高校生の感じ方、大人が読めば大人の感じ方ができ、どんな世代でも心に響くものを残してくれそうな青春小説の秀作だと思います。是非、読んでほしい一冊です。

 

夜のピクニック (新潮文庫)

夜のピクニック (新潮文庫)