読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「模倣犯」 宮部みゆき

 文庫ではなく、ハードカバーの上下巻2冊を買いました。文庫だと、5冊になるんですね。かなりの長編作品でしたが、結構すぐに読み終わりました。表紙のイラストは、若者が振り向いているものと三角座りのもの。サスペンス物の犯罪小説くらいかなと思って読み始めましたが、見事に裏切られました。

 3部構成で、第1部では、被害者・警察・関係者(特に被害者家族)からの視点。

       第2部では、犯人からの視点。  

       第3部では、また、被害者・警察・関係者(特に記者)からの視点。

 で物語は語られます。

 その、中心となる犯罪が連続女性誘拐殺人。その、犯罪の描写がリアルすぎる。本当に、そんな犯罪が実在するのではと思ってしまうほどです。

 3部構成なので、同じ事件を3回読むことになるのですが、視点を変えるだけで、飽きることなく最後まで読み終えました。

 

 第1部では、被害者家族の悲痛な思い、最後まで望みを捨てられない苦しさ。まるで、当事者になったかのような気持ちにさせる登場人物の心の葛藤をリアルかつ見事に描写していると思います。警察・マスコミに振り回され、何を信じて行動すればいいのか、また、自分の行動が果たして正しいのか。読んでいる自分が辛くなります。

 

 第2部では一転、犯罪者からの視点です。犯罪者は2名ですが、この二人の人物設定や物語で果たす役割などが見事に描かれています。また、非人間的で残虐な犯行が、犯人たちにとっては娯楽のように行われている様が、余計にその犯罪の残虐性を際立たせています。ただ、犯人の一人の心の弱さが、犯罪を終わりに導くわけですが(その結果、もう一人は、まんまと逃げおおせるわけですが)、この段階では、まだ、解決する以前の段階で、3部へと続きます。

 

 第3部では、犯人に間違えられた男の妹と残った犯人の一人、それと女性ルポライターを中心に話が進みます。1部と2部では、同じ時間軸で、被害者側・犯人側からの視点でストーリーは進みましたが、3部は、その後の話です。もちろん、最終的には物語は解決するのは分かっているのですが(小説ですしね)、その解決の仕方に、どんどん引き込まれていきます。

 

 この小説は、第2部の段階で犯人が誰か、どのような人物かが分かりますので、単純な犯人捜しのサスペンス小説ではなく、犯罪が起こった時の、被害者・警察・マスコミ・犯人の様々な視点を通しての事件の見え方や人生に落とす影などをリアルに描写し、読者を惹きつけます。

 犯罪が一度起こってしまうと、犯人が捕まっても、その事件に関わった人間の生活はもう元には決して戻らないということを、実感しました。

 「模倣犯」というタイトルの意味は、最後の最後に分かります。犯人逮捕のキーワードですね。

 ただ、この小説が刊行されたのは、2001年なので、現在の世相とは相いれない部分が多々ありますが、そこは、20年近く前の時代の話と割り切って読まないといけない部分があります。

 長編なのと犯人が早々に分かるので、犯人捜しをしたい読者には、向いていないかもしれません。

 あと、映画やドラマとして映像化されているみたいですが、そちらの評価はよく知りません。

模倣犯〈上〉

模倣犯〈上〉

 

模倣犯〈下〉

模倣犯〈下〉

「亡国のイージス」  福井晴敏

 在日米軍基地で発生した未曾有(みぞう)の惨事。最新のシステム護衛艦いそかぜ》は、真相をめぐる国家間の策謀にまきこまれ暴走を始める。交わるはずのない男たちの人生が交錯し、ついに守るべき国の形を見失った《楯(イージス)》が、日本にもたらす恐怖とは。
日本推理作家協会賞を含む三賞を受賞した長編海洋冒険小説の傑作。(上巻裏表紙より)

 「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京首都圏内に設定されている。その弾頭は通常に非ず」ついに始まった戦後日本最大の悪夢。戦争を忘れた国家がなす術もなく立ちつくす時、運命の男たちが立ち上がる。自らの誇りと信念を守るために―。すべての日本人に覚醒を促す魂の航路、圧倒的クライマックスへ。 (下巻裏表紙より)

 

 上巻裏表紙には、「長編海洋冒険小説」となっていますが、冒険小説というような軽い感じではなく、数奇な過去を背負った登場人物達が、その思いを交錯させながら、海上自衛隊ミサイル護衛艦いそかぜ」を舞台に自らと向かい合う姿が描かれています。

 この作品は、とにかく読みごたえがありました。まず、主要登場人物が4名(私が思うところなので人によっては違うかもしれませんが)。

 

 仙石恒史(せんごく ひさし)

  海上自衛隊ミサイル護衛艦いそかぜ」先任警衛海曹(先任伍長)。

 宮津弘隆(みやつ ひろたか)

  海上自衛隊ミサイル護衛艦いそかぜ」艦長。二等海佐

 如月行(きさらぎ こう)

  海上自衛隊ミサイル護衛艦いそかぜ」第一分隊砲雷科一等海士。

 ホ・ヨンファ(許英和)

  北朝鮮対日工作員

 

 まず、登場人物の設定(個性)が、存分に引き出されています。主要4人以外の登場人物についても、その性格・考え方・思い、全てが詳細に設定され、また、それを文章の中で自然と印象付けていると思います。

 また、自衛隊所属の護衛艦である「いそかぜ」や「F-15Jイーグル」など、登場する艦船・戦闘機・潜水艦などの描写がすばらしく、物語に現実感を吹き込んでいます(ただ、専門用語が多いですが)。

 上下巻合わせて、1,000頁以上の長編なので、あらすじを簡潔に説明することもできませんし、未読の方にネタバレするのも、申し訳ないので敢えて一切書きません。

 それぞれの立場からの誇りと信念があり、それを守るために戦う登場人物たちの戦いを描きながらも、国家の在り方、国防の在り方という壮大なテーマを扱っていると思います。

 「亡国のイージス」というタイトルも好きです。作中でそのタイトルの元となったエピソードが出てきます。

 読み始めたら、一気に読み進んでいくほど、物語の先が気になります。特に、文庫の上巻の最後あたりで、一気に話が展開します。

 映画は見ていませんが、果たして、この壮大な内容の物語を2時間に収められるのかなと心配(疑問)に思います。

 戦闘機・戦艦・潜水艦などが登場する物語って、何故かワクワクするんですよね。戦争は嫌なのですが。

 今度、映画も見てみます。

 

亡国のイージス 上 (講談社文庫)

亡国のイージス 上 (講談社文庫)

    
亡国のイージス 下(講談社文庫)

亡国のイージス 下(講談社文庫)

 

 

「ガリレオ」シリーズ  東野圭吾

 ガリレオシリーズの中でも、「探偵ガリレオ」「予知夢」「ガリレオの苦悩」の短編3冊の感想です。長編とこれ以降の短編は、また、後日に。

 福山雅治主演でドラマになってますが、ドラマより先に小説を読みました。

 まず、このシリーズは読みやすくて、ストーリーが分かりやすい。また、短編なので、気軽に読めます。ひとつひとつの話が、ドラマの一話に相当するような感じで、ドラマの原作を意識して書かれたのでは?と勘ぐってしまうほどです。

 作者の東野圭吾は、某新聞の人気作家のアンケートで1位になっていました(いつ頃の記事か覚えていませんが)。確かに、このガリレオシリーズについては、万人受けするだろうなと思います。

 

 主要登場人物は、3人。

 湯川学

  帝都大学物理学准教授で、理工学部物理学科第十三研究室に所属。帝都大学理工学

 部卒業。天才的な物理学知識を持ち、物理学以外にもかなりの専門的知識を持つ。

 草薙俊平

  警視庁捜査一課所属の警部補。湯川学とはかつて帝都大学バドミントン部で一緒

 だった。突然人体が燃え上がるという事件で、マスコミが唱えたプラズマ説を検証す

 るために湯川の第十三研究室を訪ねて以来、難事件が起こると湯川の協力を求めてい

 る。

 内海薫

  真相究明に全力を注ぐ、正義感の強い女性刑事。

 

 小説を読んだ後でドラマを見ましたが、小説での主人公は草薙(北村一輝)の様に感じていましたが、ドラマでは、完全に湯川(福山雅治)でした。

 湯川学は、ほぼ小説の人物設定に感じましたが、草薙、内海は全くの別人に設定されていましたし、湯川と内海のペアで話が進み、草薙は脇役扱いでした。ドラマとしては、女性を前面に押し出したい気持ちも分かりますが。

 小説を読みドラマを見た感想を言うと、ドラマの方が面白かったかなと思います。もちろん、人それぞれですが。

 気軽に読めて楽しめるシリーズですが、ストーリー展開は、毎回ほぼ同じような感じです。

 

        事件発生

        ↓

        湯川に協力依頼(ここで湯川が渋る場面が多々あり) 

       ↓

        謎を解明し、事件解決(湯川がそのまま解決することも多々あり)

 

 続けて読むとだんだん飽きが来ます。でも、是非一読を。

探偵ガリレオ (文春文庫)

探偵ガリレオ (文春文庫)

「青の炎」 貴志祐介

 櫛森秀一は、湘南の高校に通う十七歳。女手一つで家計を担う母と素直で明るい妹との三人暮らし。その平和な家庭の一家団欒を踏みにじる闖入者が現れた。母が十年前、再婚しすぐに別れた男、曾根だった。曾根は秀一の家に居座って傍若無人に振る舞い、母の体のみならず妹にまで手を出そうとしていた。警察も法律も家族の幸せを取り返してはくれないことを知った秀一は決意する。自らの手で曾根を葬り去ることを…。完全犯罪に挑む少年の孤独な戦い。その哀切な心象風景を精妙な筆致で描き上げた、日本ミステリー史に残る感動の名作。(文庫裏表紙より)

 

 この小説を読んで、貴志祐介という作家の作品をもっと読んでみようと思いました。

 嵐の二宮和也松浦亜弥出演で映画にもなっていました(見ていません)が、そのコピーが「こんなにも切ない殺人者が、かつていただろうか。」でした。このコピーの意味は、小説の最後の最後に理解できます。

 主人公である「櫛森秀一」は、高校2年生の優等生という設定です。冷静に自己分析しその場に一番適切な対応をする。その反面、自宅では、酒(洋酒)をたしなみ、それを正当化しているところから、自分の行いを都合よく正当化するところがあるように思います。

 文庫裏表紙にあるように、母の離婚相手が家に舞い戻り、傍若無人に振る舞い、幸せな家庭を壊そうとする。特に、妹(曽根との本当の関係も物語の途中で明らかになります)にまで手を出すそぶりを見せたことから、排除すなわち殺害を決意する。

 そこからが、優等生で冷静な秀一らしく、綿密な計画を立てていくことになるのだが・・・。

 そこで、少し違和感が生じます。確かに、曾根はどうしようもない男で、母に手を出したが、妹には、まだ手を出していない状態。この状態で、殺害を決意するほどの動機となりうるのか。特に、優秀で冷静な秀一なら、そこに行きつく前に、他の方法を試してもよいのでは・・・、と思うところもあります。ただ、そこは、人生経験の浅い高校生であったからこそ、あらゆる手段を講じることもせず、感情の赴くまま、殺害へと走ったと考えれば納得するところもあります。高校生の純粋で思い込んだら周りが見えない時期というものは必ず誰にでもあるのだろうと思っています。

 そこからの物語は、未読の方は、ぜひ読んでみてください。些細なほころびが、秀一を追い詰め、逃げ道を奪っていく。だが、家族を守るため、秀一が最後に選んだ道は、小説の最後に明らかになります。その瞬間、映画のコピーのとおり、あまりの切なさに胸が締め付けられました。

 確かに、秀一は、殺人者であり法律的にも、道徳的にも許されません。だけど、秀一に対して、「仕方ないよね」とは、決して思うことができない結末でした。

 

 貴志祐介の作品をネットで調べると「悪の教典」「新世界より」「硝子のハンマー」「天使の囀り」など。また、入手して読みたいと思います。

 

「ねじまき鳥クロニクル」

 実際に読書を始めたのは3年ほど前なので、ブログが現実に追いつくまでは、当時の感想を思い出しながら、書いていきます。

 読んで最初の感想は、どのような感想を持てばよいのかすら分からないということでした。文章自体は、読みやすく分かりやすい印象でした。内容は読んでいない人もいるだろうから言いません。

 ただ、そこに起こる出来事や登場する人物の役回りが、何を表現しようとしているのかは全く分かりませんでした。まあ、いきなり読んですべて分かったような感想を持てるとは思えませんが・・・・。

 文章は読めるし、物語は分かるけど、その表現しようとしているところは全く分からないというような状況に陥り、結局三冊読むのに3週間かかってしまいました。

 ただ、当時は、村上春樹氏の作品を読んだのは初めてだったので、村上氏独特の文章を新鮮に感じて読んでいました。

 読書を始めるに当たっての最初の一冊にしては、ハードルが高かったかなということで、いずれ、読み返そうと思い本棚にしまうことにしました。ネットで調べれば、詳細な解説をしている記事もあるのでしょうが、それでは意味がないですしね。自分で感じて理解しないと、読書の楽しみは得られないと思います。

 

何から読めば・・・

本を読むと決めても何から読めばいいのかが分かりません。

興味のある小説の分野や好きな作家も思い浮かびません。(何十年も読まなかったのだから当然ですが・・・)

そこで、思い出したのが実家にある兄の本です。

兄は中学生の頃から、かなりの読書家(と言っても小説ばかりですが)でした。

結婚して家を出て行った際に、それらの本(数百冊はあると思われる)は持ち出されることなく、実家に置きっぱなしになっていたのです。

そこで、実家に帰り、本棚を見ました。

そこで、手に取ったのが、村上春樹ねじまき鳥クロニクルでした。

なぜ、それになったかというと、村上春樹氏の名前は、読書と縁遠い自分にも知った名前であったこと、それと、ハードカバーの全3冊が目に留まり、自宅に持ち帰り読むことにしました。

 そうして、40歳代にして、読書生活が始まりました。

読書を始めた理由

今から、3年ほど前のことですが、

私は、40歳になるまで、読書とは無縁の生活を送っていました。

小中学生の頃は、漫画とゲーム。

高校生の頃は、受験勉強。

大学生の頃は、バイト三昧。

学生と言いながら、読んだ本(教科書と漫画以外)の記憶が全く思い浮かびません。

働き出してからも、家ではTVとゲームばかりでした。

 

ある日、子供の姿を見ていると、TVかゲームをしているばかり。

親がTVばかり見ていれば、子供も当然そうなるんだなと気が付きました。

これではイカンと思い立ち、TVをやめて、子供の前では読書するように決心したのが読書生活の始まりでした。

では、何を読んだらいいのか。

それが、最初の悩みでもありました。