毎日が読書日和ー思ったままの感想文

40歳で気付いた読書の魅力。小説から映画まで、感想を綴ります。

「海の見える理髪店」 荻原 浩

   f:id:dokusho-suki:20180108180603j:plain

 第155回直木賞受賞作です。

 表題作「海の見える理髪店」を含む6編から成る短編集ですが、それぞれの短編に関連性はありません。完全に独立した物語です。

 ただ、その中にテーマを求めるとしたら、それは「家族」です。

 親子の物語。夫婦の物語。

 そして、喪失であったり再会であったり和解であったり。

 様々な家族の関係を、詳細な描写と情景豊かな文章で描いています。

続きを読む

「そして誰もいなくなった」(ネタバレなし) アガサ・クリスティー

     f:id:dokusho-suki:20180108163410j:plain

  初読です。

 今まで映像化されたものも観ていませんので、全く犯人を知らない状態で読み始めました。ミステリーは犯人が分かった状態で読むのとそうでないのとでは、面白さが10倍は違う気がします。そして、私は幸いなことに、これだけの有名な作品で、映像化も数多くされているにも関わらず、犯人を知らずに読むことが出来ました。

続きを読む

「月の満ち欠け」 佐藤正午

                           f:id:dokusho-suki:20171231160456j:plain

 第157回直木賞受賞作です。

 全く内容を知らずに読み始めました。恋愛小説なのか、ミステリーなのか、ファンタジーなのか、コメディなのか。それすらも知らずにです。

 だから、物語が愛する人に再会するために、生まれ変わりを繰り返す」という内容だと気付くのに、かなり読み進む必要がありました。

続きを読む

「深夜特急2 マレー半島・シンガポール」 沢木耕太郎

  f:id:dokusho-suki:20180106201815j:plain

 

 香港を出発し、次の目的地は、タイ・バンコクバンコクに行く決心をした理由も面白い。香港滞在を延ばすためのビザを書き換える窓口が混んでいて、全てが面倒になり、バンコク行きを決意する。

続きを読む

「深夜特急1 香港・マカオ」 沢木耕太郎

  f:id:dokusho-suki:20180106201815j:plain

 

 旅に出たくなる。その一言に尽きます。

 この小説で描かれているのは「旅行」ではなく、「旅」と言う言葉が相応しい。「旅」でなければ「放浪」と言う言葉でもいいかもしれない。行程表もなく、自分がこうしたいと思った通りに行動していく。

続きを読む

「ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス」 川原 礫

    f:id:dokusho-suki:20171230222449p:plain

 前巻で描かれたフェアリィ・ダンスの大きなふたつのテーマ。

 アスナ救出。

 リーファ(直葉)とキリトの関係。

 圧倒的強さを誇るキリトが、攻略不可のグランドクエストに挑んだ時、どうなるのか。そして、リーファとキリトがお互いの正体を知った時、どうなるのか。

続きを読む

定期 「2017年12月(師走)」の読書本

  f:id:dokusho-suki:20180102132812j:plain

 

 2017年最後の月。厳しい寒さの中、暖房の効いた室内で過ごす読書は至高の時間です。

 12月の読書本は、11冊でした。

 12月の読書本の自分勝手なおすすめ度です。個人的感想ですので、参考程度に見てください。 

続きを読む
rgba(123,215,249,100) rgba(252,252,84,0.8) rgba(102,255,204,1)