毎日が読書日和ー思ったままの感想文

本を読み、備忘録的に感想を綴るブログ。主に小説。映画もたまに。

「69 シクスティナイン」 村上 龍

「69」の内容 1969年、この年、安田講堂事件が起き、東大は入試を中止した。アポロが月に行き、ビートルズが「アビーロード」を、ローリング・ストーンズは「ホンキー・トンク・ウイメン」をリリースした。ベトナム反戦運動が高まり、基地の町・佐世保で、…

「これからの「正義」の話をしよう」 マイケル・サンデル

副題は「いまを生き延びるための哲学」 原題は「Justice – What’s the Right Thing to do?”(正義―何が正しいことなのか)」 正義に関する哲学書です。哲学と言っても、政治哲学に分類されるようです。哲学書を読むのは、全くの初めてでした。というよりも、…

「ジェネラル・ルージュの凱旋」 海堂 尊

「ジェネラル・ルージュの凱旋」の内容 桜宮市にある東城大学医学部付属病院に、伝説の歌姫が大量吐血で緊急入院した頃、不定愁訴外来の万年講師・田口公平の元には、一枚の怪文書が届いていた。それは救命救急センター部長の速水晃一が特定業者と癒着してい…

映画 「忍びの国」 を観た

映画「忍びの国」を観てきました。 小説がかなり面白かった(私の感想ですが)ので、公開されたらすぐに観に行こうと思っていましたがなかなか忙しく、ようやく見に行くことができました。 「忍びの国」はもともとオリジナル脚本として書かれ、それをベース…

「ナイチンゲールの沈黙」 海堂 尊

「ナイチンゲールの沈黙」の内容 小児科病棟に勤務する浜田小夜の担当は、眼の癌=網膜芽腫の子供たち。看護師長・猫田の差配で、不定愁訴外来の田口公平は彼らのメンタルサポートをすることになった。だが同じ頃、患児の父親が殺され、小夜は警察に嫌疑をか…

「本を読む人だけが手にするもの」 藤原和博

読んでみて最初の感想は、読めば読むほど納得させられる思いでした。 この本はおそらく本を読まない人、もしくは、ほとんど読まない人に対して書かれているのでしょう。そもそも、そういう人がこの本を手にするかどうかも疑問ですが。 それはさておき、この…

「海底二万海里」 ジュール・ヴェルヌ

読んだことはなくても、誰でもそのタイトルを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 ジュール・ヴェルヌのSF冒険小説の傑作です。何よりすごいのが、この作品が発表されたのが、1870年ということです。1870年は日本でいえば、明治3年です。明治維新…

「イン・ザ・プール」 奥田英朗

「イン・ザ・プール」の内容 「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる…