毎日が読書日和ー思ったままの感想文

40歳で気付いた読書の魅力。小説から映画まで、感想を綴ります。

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 七月隆文

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の内容 京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて―。「あ…

「羊をめぐる冒険」 村上春樹

「羊をめぐる冒険」の内容 あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデルをしている二十一歳の女性が新しいガール・フレンドとなった。北海道に渡ったらしい“鼠”の手紙から、ある日羊をめ…

「日本懐かしプラモデル大全」

大人になってから、プラモデルを作らなくなりました。仕事や育児や付き合いで、作る時間がなくなったことも理由のひとつかもしれません。 しかし、そういうことではなく、最も大事なことがありました。 それは、プラモデルを作ることに対する情熱を失ってし…

「チルドレン」 伊坂幸太郎

「チルドレン」の内容 「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不思議な事件の数々―。何気ない日常に起こった五つの物語が、一つになったとき、予想もしない…

「稼ぐが勝ち」 堀江貴文

「稼ぐが勝ち」を読んだ感想 堀江貴文氏がライブドア代表取締役で、大阪近鉄バッファローズを買収しようとしていた頃に出版された本です。 当時、彼は時代の寵児であるとともに、『ホリエモン=金』というイメージが拭えない時期でもあったように思います。…

「私の消滅」 中村文則

「私の消滅」の内容 このページをめくれば、あなたはこれまでの人生の全てを失うかもしれない。不気味な文章で始まる手記―これを読む男を待ち受けるのは、狂気か救済か。 【「BOOK」データベースより】 「私の消滅」の感想 文学的ミステリーと表現すればいい…

「マルドゥック・スクランブル 排気」〔完全版〕 冲方 丁

「マルドゥック・スクランブル 排気」〔完全版〕の内容 バロットは壮絶な闘いを経て、科学技術発祥の地“楽園”を訪れ、シェルの犯罪を裏付けるデータが、カジノに保管された4つの100万ドルチップ内にあることを知る。チップを合法的に入手すべく、ポーカー、…

「マルドゥック・スクランブル 燃焼」〔完全版〕 冲方 丁

「マルドゥック・スクランブル 燃焼」〔完全版〕の内容 少女は戦うことを選択した―人工皮膚をまとい、高度な電子干渉能力を得て再生したパロットにとって、ボイルドが放った5人の襲撃者も敵ではなかった。ウフコックが変身した銃を手に、驚異的な空間認識力…

「マルドゥック・スクランブル 圧縮」〔完全版〕 冲方 丁

「マルドゥック・スクランブル 圧縮」〔完全版〕の内容 なぜ私なの?―賭博師シェルの奸計により少女娼婦バロットは爆炎にのまれた。瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にして万能兵器のネズミ、ウフコックだった。法的に禁止された科学技術の使用が許可…

「それが映画をダメにする」 前田有一

映画批評とは 批評には、読んでいて気持ちのいい批評と嫌な気分にさせる批評があります。 この本における映画批評は、前者です。読んでいて気持ちいい。 かなり厳しい物言いで批評をしている作品もあります。その作品の監督や出演者にとっては、耳が痛いかも…

「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎

「アヒルと鴨のコインロッカー」の内容 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気など…

「また、同じ夢を見ていた」 住野よる

「また、同じ夢を見ていた」の内容 きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない“私”が出会ったのは手首に傷がある“南さん”とても格好いい“アバズレさん”一人暮らしの“おばあちゃん”そして、尻尾の短い“彼女”だった― 【「BOOK」データベー…

映画 「ブレードランナー2049」 を観た

1982年に公開された前作「ブレードランナー」から35年の時を経て、公開された「ブレードランナー2049」です。 前作は、SF映画の未来に多大な影響を与えた名作として語り継がれるほどです。その続編が制作されるとなれば、当然期待は高まります。 しかも、…

「銀翼のイカロス」 池井戸 潤

「銀翼のイカロス」の内容 出向先から銀行に復帰した半沢直樹は、破綻寸前の巨大航空会社を担当することに。ところが政府主導の再建機関がつきつけてきたのは、何と500億円もの借金の棒引き!?とても飲めない無茶な話だが、なぜか銀行上層部も敵に回る。銀行…

「ロスジェネの逆襲」 池井戸 潤

「ロスジェネの逆襲」の内容 子会社・東京セントラル証券に出向した半沢直樹に、IT企業買収の案件が転がり込んだ。巨額の収益が見込まれたが、親会社・東京中央銀行が卑劣な手段で横取り。社内での立場を失った半沢は、バブル世代に反発する若い部下・森山と…

子供時代の土曜日のお昼ごはん 「日本懐かし即席めん大全」

私が、小学生・中学生・高校生の頃は、今のように週休二日ではなく、土曜日は半ドンでした。 今の若い子は、「半ドン」という言葉を知らない人もいるかもしれません。授業が午前中で終わることです。午前で授業が終わるので、昼ごはんは、家で食べます。その…

「植物図鑑」 有川 浩

「植物図鑑」の内容 お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか。咬みません。躾のできたよい子です――。思わず拾ってしまったイケメンは、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクだった。樹(イツキ)という名前しか知らされぬまま、週末ごとにご…

「ノルウェイの森」 村上春樹

「ノルウェイの森」の内容 暗く重たい雨雲をくぐり抜け、飛行機がハンブルク空港に着陸すると、天井のスピーカーから小さな音でビートルズの『ノルウェイの森』が流れ出した。僕は一九六九年、もうすぐ二十歳になろうとする秋のできごとを思い出し、激しく混…

「終の住処」 磯﨑憲一郎

「終の住処」の内容 結婚すれば世の中のすべてが違って見えるかといえば、やはりそんなことはなかったのだ―。互いに二十代の長く続いた恋愛に敗れたあとで付き合いはじめ、三十を過ぎて結婚した男女。不安定で茫漠とした新婚生活を経て、あるときを境に十一…

映画「BLAME!(ブラム)」を見た

少し前の話ですが、映画「BLAME!(ブラム)」を観ました。 実は、私は、「BLAME!」というマンガがあることも知らなかったので、全くの白紙の状態で映画を観ましたが、 面白かった。映画館で観て良かった。 というのが率直な感想です。

懐かしすぎる文房具たち 「日本懐かし文房具大全」を読んで

いつ頃からか、文房具は機能で選ぶようになっていました。書きやすさや消しやすさ、収納や使いやすさを主眼に商品を選んでいます。 しかし、子供のころ、特に小学校の低学年から中学年にかけては、実用性よりも重要なことがあったような気がします。 それは…

「下町ロケット」 池井戸 潤

「下町ロケット」の内容 研究者の道をあきらめ、家業の町工場・佃製作所を継いだ佃航平は、製品開発で業績を伸ばしていた。そんなある日、商売敵の大手メーカーから理不尽な特許侵害で訴えられる。圧倒的な形勢不利の中で取引先を失い、資金繰りに窮する佃製…

「聖の青春」 大崎善生

hijirino 「聖の青春」の内容 純粋さの塊のような生き方と、ありあまる将棋への情熱―重い腎臓病を抱えながら将棋界に入門、名人を目指し最高峰のリーグ「A級」での奮闘のさなか、29年の生涯を終えた天才棋士村山聖。名人への夢に手をかけ、果たせず倒れた“怪…

「影裏」 沼田 真佑

「影裏」の内容 大きな崩壊を前に、目に映るものは何か。北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の地で、ただひとり心を許したのが、同僚の日浅だった。ともに釣りをした日々に募る追憶と寂しさ。いつしか疎遠になった男のもう一つの顔に、「あの日」以後、触…

「ちょっと今から仕事やめてくる」 北川恵海

「ちょっと今から仕事やめてくる」の内容 ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中…

「ドキュメント 宇宙飛行士選抜試験」 

「ドキュメント宇宙飛行士選抜試験」の内容 2008年2月、日本で10年ぶりとなる宇宙飛行士の募集が、日本の宇宙研究・開発を担うJAXAによって発表された。応募総数は史上最多。そして、選抜試験自体も最難関で熾烈を極めるものとなった。本書は、この選抜試験…

スーパーファミコンミニが欲しい

少し前ですが、スーファミミニの予約が始まりました。 発売日は、10月5日(木)と広報されていましたが、予約日が9月16日からと決まり、待ちに待った人たちが行列を作っているのがニュースで流れました。 ゲームに行列を作っているのを見ると、ドラク…

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」 堀江貴文

「ゼロ」の内容 堀江貴文はなぜ、逮捕され、すべてを失っても、希望を捨てないのか?ふたたび「ゼロ」となって、なにかを演じる必要もなくなった堀江氏がはじめて素直に、ありのままの心で語る、「働くこと」の意味と、そこから生まれる「希望」について。 【…

「空の中」 有川 浩

「空の中」の内容 200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が…

「異類婚姻譚」 本谷有希子

異類婚姻譚の内容 子供もなく職にも就かず、安楽な結婚生活を送る専業主婦の私は、ある日、自分の顔が夫の顔とそっくりになっていることに気付く。「俺は家では何も考えたくない男だ。」と宣言する夫は大量の揚げものづくりに熱中し、いつの間にか夫婦の輪郭…

rgba(123,215,249,100) rgba(252,252,84,0.8) rgba(102,255,204,1)