毎日が読書日和ー思ったままの感想文

本を読み、備忘録的に感想を綴るブログ。主に小説。映画もたまに。

ゴールデンスランバー:伊坂幸太郎【感想】

自分の眼で世界を見て判断し、自分の意志で生きていくこと。惰性で流され、何も考えないで生きていることが、どれほど恐ろしいことなのか。伊坂幸太郎が描きます。

クリムゾンの迷宮:貴志祐介【感想】

物語の前半と後半で、これほど様相が変わると思わなかった。 前半はミステリーの要素が多く、後半は完全なホラー小説に変貌しています。 私は、「バトルロワイヤル」を未読なので比べようもないですが、「バトルロワイヤル」も「クリムゾンの迷宮」も、初版…

深夜特急3 インド・ネパール:沢木耕太郎【感想】

シンガポールから、本来の旅の出発地であるインドへと旅立つところから始まります。と言っても、旅の出発地となる「デリー」に向かわず、手前の「カルカッタ」へ降り立つところは、いかにも、放浪に近い「旅」の醍醐味なのであろう。 カルカッタへ行くと決め…

多動力:堀江貴文【感想】

堀江貴文氏の本を読むのは、3冊目になります。「多動力」は、25万部を突破しているようです。 直接的で過激な言い方が多いので、賛否が分かれるのは仕方がない。 ビジネス書と言うよりは、自己啓発本と感じます。堀江氏の本は、まだ3冊目ですが、基本的に…

ブラウザをChrome変えてみた【雑記】

インターネットを見る時は、何の疑問もなく「インターネットエクスプローラー(以下、IE)」を使っていました。 理由は、標準ブラウザとしてPCに入っていたから。 他のブラウザを試したことがなかったので、他と比較して遅いという評価は出来ませんが、体…

フィッシュストーリー:伊坂幸太郎【感想】

完全に独立した、4編の中篇から成る「フィッシュストーリー」です。 収録作品は、「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の4作品です。 文庫では、中篇と紹介されていますが、「動物園のエンジン」と「サクリファイス…

陽気なギャングの日常と襲撃:伊坂幸太郎【感想】

何も考えずに読めて、単純に笑えて楽しめる極上のエンターテイメント作品です。特に、深いメッセージ性は感じません。だからこそ、気楽に読めます。 「魔王」のメッセージ性の強さとは、全く違います。同じ作家でありながら、バリエーション豊かだなと感じま…

四月になれば彼女は:川村元気【感想】

川村元気さんの本を読むのは初めてです。 「世界から猫が消えたなら」の作家として知っていました。今回、この本を読むにあたり経歴を調べてみると、あまりに有名な映画プロデューサーということを知りました。 小説「世界から猫が消えたなら」も、100万部以…

定期 「2018年1月(睦月)」の読書本

2018年。最初の月の読書本は、11冊でした。 あまり読まなかったな、という印象です。 今月は、伊坂幸太郎が3冊。沢木耕太郎が2冊。アガサ・クリスティーが2冊。 特定の作家さんに偏ってしまいました。 それでは、私のおすすめ度合いを。 おすすめ度★★★★★ …

ミュータンス・ミュータント:島谷浩幸【感想】

本格歯科ミステリー! 初めて聞くジャンルです。ジャンルはともかく、この帯を見る限り、とても斬新な設定のミステリー作品だと思わせます。 連続変死体。しかも、死体には歯が全く残っていない。 一体、どういうことなのか?何が起こっているのか? 期待が…

映画「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」を観た

前作「フォースの覚醒」公開から2年。続編の「最後のジェダイ」を観てきました。去年の公開日直後に観に行く予定が、いろいろと忙しくようやく映画館で鑑賞することが叶いました。 「フォースの覚醒」の終わり方が、あまりにも次作に期待感を持たせる終わり…

「伊坂幸太郎作品」出版順一覧 読むなら出版順?!【随時更新】

私が、特に好きな作家の一人である「伊坂幸太郎」さん。 彼が作り出す小説の世界は、読者を惹きつけ離さない魅力があります。その魅力は、軽妙な会話や緻密に計算されたストーリー展開はもちろんですが、個性溢れる登場人物たちの魅力が小説の世界をさらに引…

終末のフール:伊坂幸太郎【感想】

「八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する」 ハリウッド映画では、よくある設定です。その危機を脱するため、リーダーシップを発揮する指導者や、危険を顧みず立ち向かう英雄を描くのが、この設定の常です。人類が一丸となり危険を回避することで爽快感を得…

砂漠:伊坂幸太郎【感想】

面白かった。しかも、感動もする。あっという間に読み終わってしまいました。 自分が大学生だった頃を思い出し、登場する人物たちに共感しながら読んだからこそ面白かった。 もちろん、自分が大学生の時に、小説の中のような劇的な出来事や個性溢れる人物が…

魔王:伊坂幸太郎【感想】

伊坂幸太郎は、「魔王」について、このように述べています。 表題作「魔王」と、その5年後を描いた「呼吸」の中編2編から成る小説です。 これまでの伊坂幸太郎の小説とは、全く違うモノです。伊坂幸太郎と言えば、伏線を張り、最後に回収する。その手腕が…

羊と鋼の森:宮下奈都【感想】

2016年本屋大賞受賞作です。 ピアノの調律師の話という程度しか知りませんでした。私の勝手な思い込みかもしれませんが、調律師をテーマとして扱った小説は少ないのではないでしょうか。同じピアノでも、ピアニストを主人公にした小説は数多くありそうです。…

海の見える理髪店:荻原 浩【感想】

第155回直木賞受賞作です。 表題作「海の見える理髪店」を含む6編から成る短編集ですが、それぞれの短編に関連性はありません。完全に独立した物語です。 ただ、その中にテーマを求めるとしたら、それは「家族」です。 親子の物語。夫婦の物語。 そして、喪…

そして誰もいなくなった(ネタバレなし):アガサ・クリスティー【感想】

初読です。 今まで映像化されたものも観ていませんので、全く犯人を知らない状態で読み始めました。ミステリーは犯人が分かった状態で読むのとそうでないのとでは、面白さが10倍は違う気がします。そして、私は幸いなことに、これだけの有名な作品で、映像化…

月の満ち欠け:佐藤正午【感想】

第157回直木賞受賞作です。 全く内容を知らずに読み始めました。恋愛小説なのか、ミステリーなのか、ファンタジーなのか、コメディなのか。それすらも知らずにです。 だから、物語が「愛する人に再会するために、生まれ変わりを繰り返す」という内容だと気付…

深夜特急2 マレー半島・シンガポール:沢木耕太郎【感想】

香港を出発し、次の目的地は、タイ・バンコク。バンコクに行く決心をした理由も面白い。香港滞在を延ばすためのビザを書き換える窓口が混んでいて、全てが面倒になり、バンコク行きを決意する。 いかにも、放浪に近い旅だと思う。 思いついた時に、思いつい…

深夜特急1 香港・マカオ:沢木耕太郎【感想】

旅に出たくなる。その一言に尽きます。 この小説で描かれているのは「旅行」ではなく、「旅」と言う言葉が相応しい。「旅」でなければ「放浪」と言う言葉でもいいかもしれない。行程表もなく、自分がこうしたいと思った通りに行動していく。 ただ、その行動…

ソードアート・オンライン4 フェアリィ・ダンス:川原 礫【感想】

前巻で描かれたフェアリィ・ダンスの大きなふたつのテーマ。 アスナ救出。 リーファ(直葉)とキリトの関係。 圧倒的強さを誇るキリトが、攻略不可のグランドクエストに挑んだ時、どうなるのか。そして、リーファとキリトがお互いの正体を知った時、どうなる…

定期 「2017年12月(師走)」の読書本

2017年最後の月。厳しい寒さの中、暖房の効いた室内で過ごす読書は至高の時間です。 12月の読書本は、11冊でした。 12月の読書本の自分勝手なおすすめ度です。個人的感想ですので、参考程度に見てください。 おすすめ度★★★★★ 君の膵臓をたべたい 住野よる ナ…

オリエント急行殺人事件:アガサ・クリスティー【感想】

本年公開の映画「オリエント急行殺人事件」を観てから、小説を読みました。すなわち、犯人が分かった状態で読み始めました。 何故、読み始めたかと言うと、映画が映像・俳優・演技、あらゆる面において素晴らしかったので、是非原作も読もうと思った次第です…

みちのく家族旅【雑記】

年末の休暇を利用し、3泊4日で東北に家族旅行をしました。今まで、なかなか東北に足を運ぶ機会がありませんでした。北海道旅行は、何度となく行くのですが、何故か東北はないんですよね。 初めて訪れる場所ばかりだったので、かなり期待して出発。ただ、折…

ソードアート・オンライン3 フェアリィ・ダンス:川原 礫【感想】

ソードーアート・オンラインの第3巻です。副題は「フェアリィ・ダンス」。 第2巻は、アインクラッドにおける短編集でしたので、第1巻の続編です。 第1巻は、病院で目覚めたキリトがアスナを探すため、痩せ細った体を引き摺り歩き出すところで終了しました…

ナミヤ雑貨店の奇蹟:東野圭吾【感想】

ミステリー小説でなく、心温まる人間ドラマです。その言葉に尽きます。 もちろん、謎はあります。ただ、その謎は解かなければならない謎でなく、謎のままで存在していることが望ましい。それを追及することは、物語上、意味がない。 大事なのは、謎が、多く…

町長選挙:奥田英朗【感想】

精神科医「伊良部一郎」シリーズの第3弾。 さすがに、三作目になると伊良部のインパクトは、一作目ほどはありません。

日の名残り:カズオ・イシグロ【感想】

カズオ・イシグロ氏が、ノーベル賞を受賞したので読みました。恥ずかしながら、そういうことです。おそらく、ノーベル賞がなければ、読む機会はなかったと思います。 まず、文章がとても美しい。と言っても、原文は英語なので、日本語訳が素晴らしいというこ…

死神の精度:伊坂幸太郎【感想】

普通の人が考える死神は、死を運ぶ不吉な存在です。しかし、伊坂幸太郎が考えると、死神ですら、まるで会社員です。取り扱う商品が「死」であり、人間と異質な存在として描かれていますが、死神としての仕事の仕方は、会社員のそれと大して変わらない。 伊坂…