毎日が読書日和ー思ったままの感想文

本を読み、備忘録的に感想を綴るブログ。主に小説。映画もたまに。

小説(作家名)-あ行の作家-伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー:伊坂幸太郎【感想】

自分の眼で世界を見て判断し、自分の意志で生きていくこと。惰性で流され、何も考えないで生きていることが、どれほど恐ろしいことなのか。伊坂幸太郎が描きます。

フィッシュストーリー:伊坂幸太郎【感想】

完全に独立した、4編の中篇から成る「フィッシュストーリー」です。 収録作品は、「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の4作品です。 文庫では、中篇と紹介されていますが、「動物園のエンジン」と「サクリファイス…

陽気なギャングの日常と襲撃:伊坂幸太郎【感想】

何も考えずに読めて、単純に笑えて楽しめる極上のエンターテイメント作品です。特に、深いメッセージ性は感じません。だからこそ、気楽に読めます。 「魔王」のメッセージ性の強さとは、全く違います。同じ作家でありながら、バリエーション豊かだなと感じま…

「伊坂幸太郎作品」出版順一覧 読むなら出版順?!【随時更新】

私が、特に好きな作家の一人である「伊坂幸太郎」さん。 彼が作り出す小説の世界は、読者を惹きつけ離さない魅力があります。その魅力は、軽妙な会話や緻密に計算されたストーリー展開はもちろんですが、個性溢れる登場人物たちの魅力が小説の世界をさらに引…

終末のフール:伊坂幸太郎【感想】

「八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する」 ハリウッド映画では、よくある設定です。その危機を脱するため、リーダーシップを発揮する指導者や、危険を顧みず立ち向かう英雄を描くのが、この設定の常です。人類が一丸となり危険を回避することで爽快感を得…

砂漠:伊坂幸太郎【感想】

面白かった。しかも、感動もする。あっという間に読み終わってしまいました。 自分が大学生だった頃を思い出し、登場する人物たちに共感しながら読んだからこそ面白かった。 もちろん、自分が大学生の時に、小説の中のような劇的な出来事や個性溢れる人物が…

魔王:伊坂幸太郎【感想】

伊坂幸太郎は、「魔王」について、このように述べています。 表題作「魔王」と、その5年後を描いた「呼吸」の中編2編から成る小説です。 これまでの伊坂幸太郎の小説とは、全く違うモノです。伊坂幸太郎と言えば、伏線を張り、最後に回収する。その手腕が…

死神の精度:伊坂幸太郎【感想】

普通の人が考える死神は、死を運ぶ不吉な存在です。しかし、伊坂幸太郎が考えると、死神ですら、まるで会社員です。取り扱う商品が「死」であり、人間と異質な存在として描かれていますが、死神としての仕事の仕方は、会社員のそれと大して変わらない。 伊坂…

グラスホッパー:伊坂幸太郎【感想】

「グラスホッパー」の内容 「グラスホッパー」の感想 主要な登場人物 鈴木 蝉 鯨 最後に 「グラスホッパー」の内容 「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい…

チルドレン:伊坂幸太郎【感想】

「チルドレン」の内容 「チルドレン」の感想 5話で構成された短編集 登場人物 中心人物「陣内」 読み終えて 「チルドレン」の内容 「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中…

「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎

「アヒルと鴨のコインロッカー」の内容 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気など…

「重力ピエロ」 伊坂幸太郎

「重力ピエロ」の内容 兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティ…

「陽気なギャングが地球を回す」 伊坂幸太郎

「陽気なギャングが地球を回す」の内容 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃…

「ラッシュライフ」 伊坂幸太郎

「ラッシュライフ」の内容 泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場―。並走する四つの物語、交…

「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎

「オーデュボンの祈り」の内容 コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が…