小説(作家名)-あ行の作家-小川洋子

「博士の愛した数式」 小川洋子

「博士の愛した数式」のあらすじ 「ぼくの記憶は80分しかもたない」博士の背広の袖には、そう書かれた古びたメモが留められていた―記憶力を失った博士にとって、私は常に“新しい”家政婦。博士は“初対面”の私に、靴のサイズや誕生日を尋ねた。数字が博士の言…