小説(作家名)-あ行の作家-池井戸 潤

「オレたち花のバブル組」 池井戸 潤

「オレたち花のバブル組」のあらすじ 「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の暗躍、金融庁の「最強のボスキャラ」との対決、出向先…

「オレたちバブル入行組」 池井戸 潤

「オレたちバブル入行組」のあらすじ 大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かり…