小説(作家名)-は行の作家-福井晴敏

「亡国のイージス」  福井晴敏

「亡国のイージス」のあらすじ 自らの掟に従い、15歳で父親を手にかけた少年。一人息子を国家に惨殺され、それまでの人生をなげうち鬼となった男。祖国に絶望して叛逆の牙をむく、孤独な北朝鮮工作員。男たちの底深い情念が最新のシステム護衛艦を暴走させ、…