毎日が読書日和ー思ったままの感想文

40歳で気付いた読書の魅力。小説から映画まで、感想を綴ります。

小説(作家名)-ま行の作家-宮部みゆき

「ソロモンの偽証」 宮部みゆき

文庫版を1年くらい前に購入していたのですが、6冊というボリュームなので、なかなか手が出ず、積読状態になっていた小説です。ようやく読み始めましたが、もっと早くに読めばよかったと後悔しました。それくらい夢中になって読める作品です。超長編なので…

「ブレイブ・ストーリー」  宮部みゆき

「ブレイブ・ストーリー」の感想 分類としては、ファンタジー小説となるのでしょうか。でも、ライトノベルではありません。ロールプレイングゲームをノベライズしたような感覚の小説です。もちろん、オリジナルの作品であり、逆にこの小説を基に、長編アニメ…

「模倣犯」 宮部みゆき

「模倣犯」のあらすじ 公園のゴミ箱から発見された女性の右腕。それは「人間狩り」という快楽に憑かれた犯人からの宣戦布告だった。直木賞受賞作『理由』以来三年ぶりの現代ミステリー。 炎上しながら谷底へ落ちていく一台の車。事故死した男の自宅には、数…