小説(作家名)-や行の作家-山崎豊子

「沈まぬ太陽(会長室篇)」 山崎豊子

「沈まぬ太陽(会長室篇)」のあらすじ 「空の安全」をないがしろにし、利潤追求を第一とした経営。御巣鷹山の墜落は、起こるべくして起きた事故だった。政府は組織の建て直しを図るべく、新会長に国見正之の就任を要請。恩地は新設された会長室の部長に抜擢…

「沈まぬ太陽(御巣鷹山篇)」 山崎豊子

「沈まぬ太陽(御巣鷹山篇)」のあらすじ 十年におよぶ海外左遷に耐え、本社へ復帰をはたしたものの、恩地への報復の手がゆるむことはなかった。逆境の日々のなか、ついに「その日」はおとずれる。航空史上最大のジャンボ機墜落事故、犠牲者は五百二十名―。…

「沈まぬ太陽(アフリカ篇)」 山崎豊子

「沈まぬ太陽(アフリカ篇)」のあらすじ 広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、猟銃を構える一人の男がいた。恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。エリートとして将来を嘱望されながら、中近東からアフリカへと、内規を無視した「流刑」…