「神々の山領」 夢枕 獏

「神々の山領」のあらすじ

  カトマンドゥの裏街でカメラマン・深町は古いコダックを手に入れる。そのカメラはジョージ・マロリーがエヴェレスト初登頂に成功したかどうか、という登攀史上最大の謎を解く可能性を秘めていた。カメラの過去を追って、深町はその男と邂逅する。羽生丈二。伝説の孤高の単独登攀者。羽生がカトマンドゥで目指すものは?柴田錬三郎賞に輝いた山岳小説の新たなる古典。(上巻裏表紙より)

 その男、羽生丈二。伝説の単独登攀者にして、死なせたパートナーへの罪障感に苦しむ男。羽生が目指しているのは、前人未到のエヴェレスト南西壁冬期無酸素単独登頂だった。生物の生存を許さぬ8000メートルを越える高所での吐息も凍る登攀が開始される。人はなぜ、山に攀るのか?永遠のテーマに、いま答えが提示される。柴田錬三郎賞に輝いた山岳小説の新たなる古典。(下巻裏表紙より)

 「神々の山領」の感想

  この小説を読んで、「なんと重厚な内容の小説なんだろう」という、震えを感じるような圧倒的な迫力を感じました。まさしく、重くて厚い。

 

 読み始めたきっかけは、映画「エヴェレスト 神々の山領」が公開されたので、原作の小説を読んでおこうと思ったからです。結局、映画はまだ見ていませんが。エヴェレスト登頂に挑む登山家の冒険的な話なのかなと思って読み始めたのですが、見事に期待を裏切られました(もちろん良い意味で)。これは、羽生丈二という男の物語であり、8000m級の山を登攀することでしか生き方を表すことができない男の物語です。

 裏表紙にあるマロリーのカメラは、深町が後半に言うように、羽生との出会いを作ったきっかけに過ぎません。ただ、そのきっかけがあったからこそ、この物語が始まることになるのです。

 上下巻で1000ページを超えるボリュームです。しかし、その途中で一切だれるような部分はありません。上巻は、羽生丈二がどういう男かということを、深町の眼を通じてひたすら語り続けます。なので、基本的には過去の話がメインです。ただ、上巻まるまる一冊使っても語りつくせないほどの厚みのあるキャラクターとして、羽生丈二という男が仕上がっていきます。まるで、羽生丈二が本当に実在しているかの様な気がしてきます。

 ちなみに、この話はフィクションですが、ジョージ・マロニーの話は実話です。また、羽生も「森田勝」という登山家がモデルと言われており、彼のエピソードも使われています。そのためか、実話ではないかと思わせます。

 この作品は、まず読んでほしいと思います。登山のことを知らなくても十分楽しめますし、下巻に至っては一気に読み終えてしまうくらいのめりこんでしまうことだと思います。

 最初から最後まで、余計なことは書かれておらず、また、書き足らないものは何もない。そんな感じです。

 作者が、あとがきで、「全てを出し切った」と言っていますが、まさしくその通りかもしれません。

 是非、読んでください。おすすめです。

 

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)