「13階段」 高野和明

「13階段」のあらすじ 

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすべく、刑務官・南郷は、前科を背負った青年・三上と共に調査を始める。だが手掛かりは、死刑囚の脳裏に甦った「階段」の記憶のみ。処刑までに残された時間はわずかしかない。二人は、無実の男の命を救うことができるのか。江戸川乱歩賞史上に燦然と輝く傑作長編。 【「BOOK]データベースより】 

 

「13階段」の感想

   高野和明さんのデビュー作にして、江戸川乱歩賞受賞の秀作です。基本的には、ミステリー小説なので、主人公である「三上」と「南郷」が、死刑囚の冤罪を証明するために謎を解明していくという内容です。

 ただ、その中にタイトル「13階段」の意味する死刑制度(作中では、他の意味も表していますが)について、詳細に記載することにより、読者に死刑制度に対して考えるきっかけをも与えていると思います。

  冒頭に、死刑囚が、朝9時にやってくるかもしれない死刑執行のお知らせに怯える日々が書かれています。そのことにより、死刑囚にとっては、時間が残されていないという緊張感のある設定となっています。もちろん、死刑囚は死刑になるほどの犯罪を犯しているわけですから同情に値しないと思います。「ただ、それが冤罪だったら」ということです。

 また、死刑制度については、死刑囚の冤罪に焦点が当てられることが多いですが、この作品では、死刑執行を行う刑務官の苦悩にも焦点を当てています。死刑というのは、国家による殺人であり、とてつもなく重い行為なのです。ただ、死刑制度という重いテーマを押し付けているわけではありません。

 そういう深いテーマを扱いながらも、ミステリー作品としての完成度は非常に高いと思います。死刑囚の「階段」の記憶を基に、謎が謎を呼び物語は進んでいきます。そのテンポも非常に小気味良いです。

 そして、何より登場人物が非常に豊かに描かれています。それぞれは背負った物の重さに苦しみながら生きています。特に、刑務官の南郷は、国家による殺人である死刑を行う立場がどれほど苦しいかということを、じっくりと伝えてきます。

 後半は、二転三転とする展開に引き込まれ一気に読み進んでしまいます。文章も読み易く、無理のある謎解きや設定はありません。よくミステリー小説でありがちな謎を絡ませ過ぎてよく分からなくなるといったこともありません。

 構成がしっかりとしているので、非常に高いミステリー性を構築しています。しかも、全ての登場人物が役割を担っており意味のない登場人物はありません。 

 捜査のプロが登場するわけではないのに関わらず、どんどん新しい証拠を発見していく様に違和感を感じるかもしれませんが、私はその部分についても、あまり気になりませんでした。

 ミステリーなので、全くの白紙の状態で読んでいただきたいので、文庫裏表紙以上のあらすじは、ここでは書きません。ただ、ミステリー作品としても、また、死刑制度について知るきっかけにもなる作品です。

 最後は少し考えさせられる終わり方なので、すっきり終わりたい方は少し不満が残るかも。

 

13階段 (講談社文庫)

13階段 (講談社文庫)