「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎

「オーデュボンの祈り」のあらすじ 

コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。 【「BOOK」データベースより】 

 

 「オーデュボンの祈り」の感想

  人気作家である伊坂幸太郎さんのデビュー作です。この作品で第5回新潮ミステリー倶楽部賞(平成12年)を受賞しています。初めて読んだ伊坂幸太郎さんの本がこの「オーデュボンの祈り」でした。

  読み始めてすぐに、「これってミステリー?」って思いました。現在の仙台付近の島 (荻島)を舞台にしながら、「言葉を話し未来が見えるカカシ」「鎖国状態の島」

 「殺人を許された男」など、あり得ない設定ばかりです。でも、読み進めていくうちに、その設定を自然と受け入れていってしまう不思議な文章です。それは、登場人物の個性(キャラクター)なのか、軽快で小気味よい言い回しなのか、それとも他に何かあるのかは分かりませんが、この奇妙な世界にどっぷりと浸かっていってしまいます。主人公の伊藤のように。

 未来が見えるカカシが殺されたことから、ミステリーらしく犯人捜しになるのかなと思っていたら、そんな単純な話でもありませんでした。そこが、普通のミステリー小説と違うところです。犯人捜しは、そんなに重要なファクターにはなっていません。犯人捜しをしようとしながらも、島の住人たちのそれぞれのエピソードが入り込んできて、本筋から逸脱したり、また戻ったりを繰り返していきます。そのエピソードが、全て伏線となっており、最後に見事に一か所に収束していきます。様々な事柄が見事に組み合わさり、パズルのピースがはめ込まれ(作中でもそのように表現されている部分もありますが)一枚の絵となるような爽快感があります。

 カカシが殺されたことのほかに、もう一つ大きな謎が出てきます。その謎の答えが予想外であり、また、清々しさを感じる謎でした。

 伊坂幸太郎さんの登場人物の会話の掛け合いは、笑うのではなくニヤリとしてさせられてしまいます。何とも言えないおかしさがあります。

 この作品では、とにかく人が死にます。もちろんカカシも死にますが。でも、人が死ぬ悲壮感をあまり感じない。やっぱり、奇妙な感じです。ただ一人、強烈に嫌悪感を抱く悪が登場しますが、それも、最終的に解決します。

 伊坂幸太郎さんの軽快でジョークの効いたセリフ回しや、全ての要素を一か所に収束させる物語展開など、これぞ「伊坂幸太郎」という作品です。デビュー作にして、この完成度の高さには、脱帽します。人気作家になるのも自然なことだと思います。

 読み始めたら、必ず最後まで読んでいただきたい。そうすれば、もっと伊坂幸太郎の作品を読んでみたくなります。おすすめの一冊です。

 

 

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

オーデュボンの祈り (新潮文庫)