「オレたちバブル入行組」 池井戸 潤

「オレたちバブル入行組」のあらすじ

  大手銀行にバブル期に入行して、今は大阪西支店融資課長の半沢。支店長命令で無理に融資の承認を取り付けた会社が倒産した。すべての責任を押しつけようと暗躍する支店長。四面楚歌の半沢には債権回収しかない。夢多かりし新人時代は去り、気がつけば辛い中間管理職。そんな世代へエールを送る痛快エンタメ。(文庫裏表紙より)

 「オレたちバブル入行組」の感想

 大ヒットドラマ「半沢直樹」の原作です。ドラマの前半部分に当たります。ドラマを見た後で読んだので、堺雅人の顔が浮かんできてしまい、先入観満載の頭で読みました。ただ、細部に違いはあるものの、ドラマはほぼ原作通りの筋書きでしたので読んでいて違和感は感じませんでした。

 ドラマを見ていたので結末は分かっているのですが、それでも面白い。見ていない人なら、なおさら面白いと思います。

  結末を知っていて、それでも面白いのは何故か。それは、この物語が非常に分かりやすい勧善懲悪だからだと思います。時代劇と同じですね。登場人物の役回りが、正義と悪にはっきりと分かれており、誰を応援し誰を憎めばよいか読んでいて迷うところがありません。

 半沢を追い詰めていく支店長の権謀術策とその支店長を助ける悪の仲間。対して、半沢と半沢を助ける数少ない正義の仲間。その戦いという分かりやすい構図です。

 支店長の度重なる理不尽な策略に追い詰められていく半沢。その追い詰められ方が厳しい。半沢に対する情けなどありません。半沢も抵抗をしつつも、どんどん追い込まれていきます。なので、最後に、それを跳ね返した時の爽快感はたまりません。また、半沢のセリフが読んでいて気持ちいい。

 理不尽な悪を蔓延らせている銀行に対しても挑んでいるような気がします。深読みかもしれませんが。

 もちろん、物語も一筋縄ではありません。支店長には、融資失敗の責任転嫁以上の秘密があります。それは、読んでみてください。

 支店長を含む悪の登場人物はことごとく失脚します。逃げ得をした人は一人もいません。それが痛快です。

 ただ、タイトルが「オレたちバブル入行組」とイケてない。バブル崩壊という不運を味わった世代のためのタイトルだろうか。私は、バブル崩壊後に就職したので、一時でもバブルを味わった世代は羨ましいものですが。

 

オレたちバブル入行組 (文春文庫)

オレたちバブル入行組 (文春文庫)