「ツナグ」 辻村深月

「ツナグ」のあらすじ

  一生に一度だけ、死者との再会を叶えてくれるという「使者」(ツナグ)。
突然死したアイドルが心の支えだったOL、年老いた母に癌告知出来なかった頑固な息子、親友に抱いた嫉妬心に苛まれる女子高生、失踪した婚約者を待ち続ける会社員・・・ツナグの仲介のもと再会した生者と死者。
それぞれの想いをかかえた一夜の邂逅は、何をもたらすのだろうか。(文庫裏表紙より)

 「ツナグ」の感想

  亡くなった人間との再会を果たすことができるという設定は、どこかで聞いたことのある小説の題材としてはありふれた内容だと思います。逆に言えば、ありふれた内容だからこそ、新鮮さを出すことが難しい題材だと思います。

  大切な人・愛している人に再会し、感動を呼び起こすだけの物語に留まっていないところに、この作品の奥深さがあると思います。

 5章からなる物語は、憧れの人・母親・友人・恋人との再会と使者(ツナグ)自身の物語から構成されています。使者と書いて「ツナグ」と読ませることろあたりは、作者のこだわりなのかな。

 それぞれの理由により会いたい人がおり、会ったことにより救われる者、逆に重荷を背負わされる者がおり、死者と生者が交わることの全てが幸せと限らないことが語られています。

 使者(ツナグ)が死者と生者を引き合わせるために使うのが「鏡」であるが、それ以上のことは何も語られておらず、そのあたりをバッサリと切り落としたことで、死者と生者の再会の部分を強調しているように思います。

 また、最終章で使者(ツナグ)自身の物語を配することで、物語を締めくくっています。

 5編からなる短編小説なので、1日いや半日あれば読み終えるくらいのボリュームです。細かい設定はいろいろありますが、死者と生者の交わりというオーソドックスな題材を用いていますので、感動はしますが、新鮮さはやや劣るかなという感じです。

 涙もろい人なら泣けると思います。1日あれば十分に読めますので、時間があれば読んでみて損はない作品です。

 

ツナグ (新潮文庫)

ツナグ (新潮文庫)