毎日が読書日和ー思ったままの感想文

40歳で気付いた読書の魅力。小説から映画まで、感想を綴ります。

「希望の国のエクソダス」 村上 龍

希望の国エクソダス」のあらすじ 

2002年秋、80万人の中学生が学校を捨てた。経済の大停滞が続くなか彼らはネットビジネスを開始、情報戦略を駆使して日本の政界、経済界に衝撃を与える一大勢力に成長していく。その後、全世界の注目する中で、彼らのエクソダス(脱出)が始まった――。壮大な規模で現代日本の絶望と希望を描く傑作長編。 【「BOOK]データベースより】 

 

希望の国エクソダス」の感想 

  村上龍さんというと「Ryu's Bar 気ままにいい夜」というTV番組を思い出します。特に意味はないですが、余談です。

 それはさておき、この小説が書かれた1998年から2000年にかけての時代背景は、バブル崩壊による実害が表に出始めたくらいだと思います。実際のバブル崩壊は諸説ありますが、1990年代前半くらい。山一證券自主廃業が1997年なので、まさしく抜け出せない不景気を実感している社会状況だと思います。

  また、Windows95が発売され、本格的にインターネットが普及し始めた頃です。

 その時代背景を認識した上で読む必要があると思います。作者は、この作品で様々な問題提起を行っていると思います。それらの問題提起は、その時代に抱えられていた問題ですから。

 物語の始まりは意外なところの事件から始まります。その事件と文庫裏表紙のあらすじがどのように結びつくのだろうと、期待感を持って読み始めました。

 ただ、その事件は中学生の不登校のきっかけとしての位置づけに過ぎなかったので少し拍子抜けです。

 その後も、あまり盛り上がるところもなく平坦に物語は進み、読後に心に残るものが特にありませんでした。

 なぜ、心に響かなかったのかというと、この中学生たちに共感するところを全く見い出せなかったからです。絶望的な日本の経済的状況を作り出し、またその状況を打開する未来を全く示せない大人を見捨て、自ら希望を作り出す。というのは分かりますが、大人に対抗するためには非合法な行為も辞さない。特に暴力にも訴える様は、嫌悪感を感じます。

 社会のルールが大人に都合が良く不公平だとしても、そのルールをはみ出して得た希望は、単なる欲望の発露に過ぎないと思います。だけど、中学生たちに欲望がないような描き方です。やっぱり理解できませんでした。

 それと、新しい事業を仕掛け成功していきますが、それは大人たちが作り上げた経済の中で新しい発想の事業を行っただけのような気がします。既存のシステムを否定した訳でもなさそうです。

 結局のところは、この中学生たちに共感できるかどうかでしょう。私は、最初の暴力に訴えるところで、拒否反応を示してしまいました。そうでない方なら、また、感じ方は変わるでしょう。

 あと、これを読むには経済的知識がそれなりに必要だと思います。後半は、かなり専門的な経済を読むことになります。私は、そこで理解できない部分も多々あり、もしかしたら面白さを逃していた部分もあるかもしれません。

 

希望の国のエクソダス (文春文庫)

希望の国のエクソダス (文春文庫)