「テロリストのパラソル」 藤原伊織

「テロリストのパラソル」のあらすじ

  アル中バーテンダーの島村は、過去を隠し20年以上もひっそり暮してきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。知らぬ間に巻き込まれ犯人を捜すことになった男が見た真実とは・・・。史上初の乱歩賞&直木賞W受賞作。(文庫裏表紙より)

 「テロリストのパラソル」の感想

  史上初の江戸川乱歩賞直木賞のW受賞作品です。ミステリー作品として期待して読み始めましたが、ミステリーではなくハードボイルド作品でした。精神的・肉体的に強靭で、感傷や恐怖などの感情に流されない行動的な人物の眼で物語を語ることをハードボイルドと定義すればの話ですが。

 もちろん、ミステリーとしての要素もあります。ただ、ミステリーとして読み始めるとかなり違和感を感じると思います。あくまで、登場人物の生き様が大事であり、事件はあくまでハードボイルド小説のためのツールに過ぎないと思ってしまいます。だから、事件の構成要素と筋書きは甘く感じます。

 事件自体は数十人の死者を出す大掛かりな爆弾テロです。それにも関わらず、登場人物は非常に限られた狭い世界の数人の人間だけであり、また、舞台となる行動範囲も狭い。事件の大きさの割には、せせこましい印象を受けてしまいます。島村が求めているのは、事件の犯人なのか事件の目的を知ることなのかも、はっきりしない印象です。偶然に偶然を重ねて、島村を無理やり事件に関わらせている感じです。

 また、アル中のバーテンダーにしては、鋭い推察と行動力で警察より先んじて事件の真相を掴んでいくのは無理があるのでは?と思います。シャーロックホームズ顔負けの推理と行動力です。

  主要登場人物は全共闘闘争の生き残りでアル中の島村とヤクザの浅井。そういうアウトローな人物を活躍させることで、人物の価値は世間ではなく自分の行動で決めるものだと描いているのでしょう。とは言っても、アル中とヤクザなんですが。

 登場する人物のほとんどが自分の生きる道を自覚し、そのためならばどんな犠牲も払うというくらいの気概を持っています。まさしくハードボイルド満載の小説です。

 ミステリーとして読めば都合の良すぎる話ですが、ハードボイルド小説として読めば、登場人物のセリフ・行動は読みごたえがあります。生きるということは、こういうことなんだなと思わせてくれます。

 ミステリーなので、あらすじは文庫裏表紙以上のことは書きません。

 ハードボイルド好きは必読。ミステリーを目的とするならば「・・・」です。

 いろいろ書きましたが、読みごたえはありますし、登場人物は魅力的な人物ばかりです。ただ、ミステリーとしては、私はご都合主義だなと感じました。

 藤原伊織さんはすでに死去されているということです。他の作品も読んでみたいと思っています。