「沈まぬ太陽(アフリカ篇)」 山崎豊子

沈まぬ太陽(アフリカ篇)」のあらすじ

  広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、猟銃を構える一人の男がいた。恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。エリートとして将来を嘱望されながら、中近東からアフリカへと、内規を無視した「流刑」に耐える日々は十年に及ぼうとしていた。人命をあずかる企業の非情、その不条理に不屈の闘いを挑んだ男の運命―。人間の真実を問う壮大なドラマが、いま幕を開ける。(第1巻裏表紙より)

 パキスタン駐在を終えた恩地を待ち受けていたのは、さらなる報復人事だった。イラン、そして路線の就航もないケニアへの赴任。会社は帰国をちらつかせ、降伏を迫る一方で、露骨な差別人事により組合の分断を図っていた。共に闘った同期の友の裏切り。そして、家族との別離―。焦燥感と孤独とが、恩地をしだいに追いつめていく。そんな折、国民航空の旅客機が連続事故を起こす…。(第2巻裏表紙より)

 沈まぬ太陽(アフリカ篇)」の感想

  最初に、

 「この作品は、多数の関係者を取材したもので、登場人物、 各機関・組織なども事実に基づき、小説的に再構築したものである」

と書かれています。

  「事実に基づき、小説的に」という言い方が微妙です。事実に基づいているが、創作されている部分もあるということでしょうか。ただ、主役の恩地にはモデル(小倉 寛太郎氏)がおり、作中の恩地が辿った経歴も一つを除いてその小倉氏の経歴そのものだそうです。その一つは、第3巻の御巣鷹山篇の事故には関わっていないということです。

 国民航空は誰が読んでも、日本航空です。国民航空(=日本航空)は人の生命を預かる企業でありながら、その安全を追求する姿勢を持たず企業としての倫理を全く欠いている様が描かれています。

 それが、主人公である恩地に対する不当人事であったり組合分裂工作であったりしたわけです。そのような安全を追求しない企業風土が、連続事故、そして御巣鷹山事故へと繋がったということなのでしょう。会社にとって不都合な社員ならば、容赦なく切り捨て追い詰めていく企業がどのような結果を生むのかを、現実に切り捨てられた恩地の眼を通じて描いているのでしょう。

 この小説は、日本航空の体質を世間に告発するために書かれたのでしょうか。多分そうなのでしょう。ただ、あまりに一方的すぎる気もします。

 日本航空を批判するのならば、ノンフィクションとして事実だけを書けばいいと思いますが、小説として脚色され事実に即していない部分もあるのであれば、日本航空が抗議したくなる気持ちも分かります。と言っても、日本航空自体に問題があったのは事実だと思いますが。

 ここからは、日本航空や小倉氏という背景を置いておいて、小説として読んだ「沈まぬ太陽(アフリカ篇)」について書きます。

 まず、始まりがアフリカでの恩地のハンティングから始まるわけですが、最初は航空会社の話と全く違うので少し戸惑いました。

 恩地がアフリカに至るまでの話が、回想として語られていくのが「アフリカ篇」です。アフリカのサバンナでのハンティングの描写は実にすばらしく、本当にアフリカにいるような錯覚を覚えます。作者は実際にアフリカに行っていますから、このような描写ができたのだと思います。

 カラチ・テヘラン・ナイロビでの生活は、日本と比べるとあまりにも劣悪な環境であると印象づけています。

「帰宅しても天井にイモリが這い、台所にはゴキブリの大群が生息し、電気の紐に南京虫がぶら下がる」

といった環境です。あくまで日本と比べれば劣悪な環境ということです。現地で生活しているその国の人たちがいるのも事実です。

 ただ、そのような環境なので僻地での勤務は2年という内規があります。それを無視し、10年にも及ぶ僻地勤務を強いることにより、そのような生活を押し付ける懲罰人事を平然と行う会社の非情と傲慢を際立たせています。

 その懲罰人事の元となったのが、組合委員長として行った労使交渉なのですが、その交渉の激しさは現在では想像できないくらいです。最近は、ストライキを実施するような企業はありません。労使協調なのでしょう。ただ、この時代は対立が普通だったのでしょうか。確かに、私が子供の頃は電鉄会社やバス会社がストを行っていました。

 恩地の交渉は、組合員の生活向上と航空の安全確保のために全く手加減なしに、経営側を追い詰めていきます。追い詰め過ぎかなと思いますが、その追い詰め方が激しいからこそ会社から疎まれ、懲罰人事へと繋がったのだと思います。懲罰人事で報復する企業の闇の部分を見せつけられます。

 何よりもやるせないのが、恩地の家族です。妻と幼い子供たちの寂しさと悲しさを考えると涙を誘います。

 これが、現実に行われたのだから、日本航空という会社の体質がよく分かります。ただ、この小説が日本航空の企業倫理を告発するのであれば、あまりにも一方的な視点かなとは思います。恩地と組合員以外の人間は全て悪のように描かれているからです。フィクションの小説であればそれでもいいですが、事実に基づいて書いたというのであれば、善意を持った人間も経営側や恩地の組合員以外にもいたと思います。そのような心ある方たちが気の毒かなと思います。

 ただ、小説として読んだ感想はとても読みごたえがあります。恩地の境遇に胸が詰まり、家族に涙し、会社に対し憤る。回想として語られているので、アフリカ篇では最終的にナイロビに飛ばされるというのは分かっています。それが分かっていながらも先が気になり、どんどん読んでいってしまうのは、作者のこの作品に対する思いからなのだろうか。第3巻以降も、どのようになるのか気になります。

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

沈まぬ太陽〈1〉アフリカ篇(上) (新潮文庫)

沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)

沈まぬ太陽〈2〉アフリカ篇(下) (新潮文庫)