「道化師の蝶」 円城 塔

 第146回芥川賞の受賞作です。田中慎弥さんの「共喰い」との同時受賞です。

 円城塔氏の作品は、伊藤計劃氏との共作屍者の帝国を以前に読んだことがあるだけでした。その感想はいずれ書こうと思っていますが、文章表現がかなり難解でした。

 純文学はあまり馴染みがない上に、円城塔氏の作品ということで、それなりに覚悟して読み始めましたが、びっくりするぐらい全く理解できませんでした。

  理解できないのは、ストーリーがよく分からないのもありますし、表現が複雑で何を言っているのかもよく分からない。

  

 無活用ラテン語で書かれた小説『猫の下で読むに限る』で道化師と名指された実業家のエイブラムス氏。その作者である友幸友幸は、エイブラムス氏の潤沢な資金と人員を投入した追跡をよそに転居を繰り返し、現地の言葉で書かれた原稿を残してゆく。幾重にも織り上げられた言語をめぐる物語。芥川賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】 

 

 この解説を見ると、友幸友幸とエイブラムス氏の物語かと思います。

 確かに、この2人は登場します。しかし、この小説においては、著者は物語を語るという行為をしていないと思います。それでは、この小説で著者は何を語ろうとしているのか・・・?

 分かりませんでした。

 これは、私の文章読解力のなさが問題なのかと不安になりました。芥川賞を受賞しているくらいなので、純文学として評価されているはずのものを全く理解できないのは、かなり寂しい。

 1回で分からなければ、もう一度読んでみようと2回読みました。

 2回目になると、多少は分かるようになります。この場合の「分かる」というのは、「分からなくても仕方ない」ということが分かるということです。

 まず、私を混乱させたのが、物語を語る視点です。

 この小説は、一人称で語られています。Ⅰ章~Ⅴ章で構成されていますが、この「わたし」が章ごとで変わっていきます。

 おそらくは、次のようなことでしょう。

  • 第Ⅰ章  友幸作品「猫の下で読むに限る」の主人公
  • 第Ⅱ章  「猫の下で読むに限る」の訳者
  • 第Ⅲ章  友幸友幸(?)
  • 第Ⅳ章  「A・A・エイブラムス私設記念館」のエージェント
  • 第Ⅴ章  友幸友幸(?)

 

 この物語を語る「わたし」が章ごとに変わることに全く触れません。前章と同じように「わたし」と書いて続けていくのですが、視点と場面が全く異なるので、そこで混乱してしまいます。「あれ?さっきの話は?どうなったの?」という感じです。

 では、「第Ⅰ章~第Ⅴ章に一貫してあるものは何なのか?」を考えてみました。

 おそらく「言葉」なのだろうと思います。だからと言って、何を言いたいのかは全く分かりません。

 第Ⅰ章で着想という言葉が出てきますが、円城塔氏の頭にはどんな着想があったのだろうか。著者の思考がどうなっているのかを、まずは見てみたい気がします。

 とにかくも、2回読んだくらいでは、理解できないということは分かりました。加えて、何回読んでも多分理解できないだろうということも分かった気がします。

 なので、本読みする身としては反則なのですが、ネットで世間の人がどのように理解しているか調べてみました。

 分からないという人が多数いる中で、それなりの書評をしている方もかなり見受けられました。書評の内容は書きませんが、書評できるくらいこの小説を理解できるのだと感心しました。しかし、その方々が書いている書評を見ても、その書評自体が私にはよく分からないという始末です。

 円城塔氏の作品は、こういうものなのでしょう。難解で前衛的。従来の小説という枠組みで考えてはいけないのだと思います。そう考えると稀有な作家だと言えます。

 ネットで調べたついでに、当時の選考委員の選評も読んでみました。小説が難解で理解しがたいものだと、選評の内容も難解になってしまうのでしょうか。選考委員の言いたいこともよく分からない。しかし、どちらかと言えば、あまり好意的な書き振りではないように感じましたが。石原慎太郎氏にいたっては、酷評でした。

 この小説の内容はさておき、純文学作品でもエンターテイメント作品でも、作者が何かを表現するのであれば、それを読者に理解できるような形で提供する必要があるのかどうか。それも考えてしまいます。この小説は、そういう意味では不親切極まりないです。読者に理解してもらおうという気持ちをあまり感じませんので。確かに、読みたくなければ読まなければいいだけですけど。

 結局のところは、ここまで、読み手を選ぶ小説はあまりないということでしょう。

 ただ、一つだけ不思議なことは、これだけ分からない内容なのに、途中で止めてしまわなかったことが不思議と言えば不思議です。

 ちなみに、この本には、もう一編「松ノ枝の記」も含まれています。これは、「道化師の蝶」よりは多少は読みやすいかもです。

 

道化師の蝶 (講談社文庫)

道化師の蝶 (講談社文庫)