毎日が読書日和ー思ったままの感想文

本を読み、備忘録的に感想を綴るブログ。主に小説。映画もたまに。

忘れられた巨人:カズオ・イシグロ【感想】

  f:id:dokusho-suki:20180428180455j:plain

 

 カズオ・イシグロ氏の小説を読むのは、「日の名残り」に続き2作目となります。

 舞台は「日の名残り」と同じくイギリスですが、時代も背景も全く違います。この作品は、ファンタジーの要素が強い。

 

 時は6世紀頃。伝説のアーサー王の死後のイギリス。まだ、彼の統治の影響が残っている時代です。

 歴史上のアーサー王の存在は、長年に渡り議論されています。そのことが、アーサー王を伝説の王としているのでしょう。

 また、物語中では、雌竜や鬼などの空想の生き物が表れ、騎士や戦士が登場する。

 伝説のアーサー王と空想の竜や鬼などが、ファンタジーの土台になっています。

 しかし、ファンタジーだからと言って、冒険活劇ではありません。スリリングで盛り上がる派手なストーリーでなく、地味に進んでいきます。

 地味だからこそなのか、登場する人物たちが持っている個性が強く迫ってきます。派手でない分、登場人物の個性が際立つのかもしれません。

 

 物語は、雌竜クエリグが鍵になっていますが、雌竜退治をメインに描いている訳ではありません。クエリグが吐く息が霧となり、人々の記憶を薄れされていく。「記憶」が重要なテーマとなっています。

 

 

「忘れられた巨人」の内容 

遠い地で暮らす息子に会うため、長年暮らした村をあとにした老夫婦。一夜の宿を求めた村で少年を託されたふたりは、若い戦士を加えた四人で旅路を行く。竜退治を唱える老騎士、高徳の修道僧…様々な人に出会い、時には命の危機にさらされながらも、老夫婦は互いを気づかい進んでいく。アーサー王亡きあとのブリテン島を舞台に、記憶や愛、戦いと復讐のこだまを静謐に描く、ブッカー賞作家の傑作長篇。【「BOOK」データベースより】

 

「忘れられた巨人」の感想 

失われる記憶

 物語を通じて描かれているのは「記憶」です。

 主人公の老夫婦 アクセルとベアトリスは、人々が記憶を失っていくことに違和感を感じます。そして、自分たちも同じように失っていることにも。

 村で疎まれている状況から、息子の村に旅に向け、旅に出ることを決意する。しかし、何故、息子が出ていったのか。どうして、今まで旅立たなかったのか。アクセルたちには記憶にない部分が多い。

 読み始めた当初は、この記憶の曖昧さの根源は何なのかが分かりません。

 

旅の途上で出会う人物。

サクソン人の戦士ウィスタン。 

アーサー王に仕えた老騎士ガウェイン。

 彼らに出会うことで、忘却の原因が雌竜クエリグの吐く息だと分かります。アクセルたちは、夫婦二人が歩んできた長い年月を思い出したいと考えます。

 ここから物語が雌竜クエリグを中心進んでいくことになります。クエリグが中心と言うことは、記憶が物語の核心になってくると言うことです。

 

 ウィスタンとガウェインの目的は、徐々に明らかになっていきます。彼らの真意は、当初、隠されています。しかし、それが明らかになることにより、二人は歩み寄れない関係になっていきます。

 

 クエリグを退治すれば、記憶が甦る。

 甦る記憶は、アクセルたちが望むような幸せな生活の記憶だけではありません。憎しみや嫉妬などの負の記憶も呼び覚まされます。必ずしも、幸せな記憶だけではない。それでも、アクセルたちは記憶を望むのか。

 

 ウィスタンとガウェインも、クエリグがいなくなることにより甦る負の記憶を意識しています。負の記憶を取り戻すのか、このまま忘却のままにしておくのか。

 ウィスタンとガウェインは、クエリグを巡って対立し決闘します。

 決闘の結末が、この地に何をもたらすのか。そしてアクセルたちに何をもたらすのか。

 

 記憶が人間の行動を決定付ける重要な要素であり、忘却が正しいのか正しくないのかを問いかけてきます。

 

騎士と戦士

 ガウェインは騎士。

 ウィスタンは戦士。

 このように書き分けられています。

 私は、この違いの根拠はよく分かりません。根拠があるから表現が違うのだと思いますが。

 共通して言えるのは、どちらも剣士ということでしょう。彼らの戦いの緊張感を伝える文章表現の巧さが際立ちます。

 彼らが剣の柄に手を掛けた瞬間。剣を抜く瞬間。

 派手な剣の打ち合いはあまりありません。その分、相手の動きの観察や駆け引きの緊張感が伝わってきます。

 

 命を懸けるとは、一体どういうことなのか。命を懸けた戦いは、どんなものなのか。ガウェインとウィスタンは、確かに命を懸けて戦っています。それがひしひしと感じられます。

 当時のイングランドには、命を懸けるべき瞬間が存在していたのでしょう。

  

終わりに

 クエリグを巡り、戦うことは、記憶を巡る戦いです。

 記憶を取り戻せば、どうなるのか。ガウェインとウィスタンは、それを理解しています。理解しているからこそ、命を懸けて戦うのでしょう。

 ガウェインはアーサー王の残した意志のため。

 ウィスタンは、サクソン人の復讐のため。

 

 では、アクセルとベアトリスは、クエリグを退治することで、自分たちに何が起こるか予想出来ていたのだろうか。少なくとも記憶が取り戻せることは分かっています。そして、取り戻したいと願っているのも事実です。

 ベアトリスは、アクセルとの幸せな生活の記憶が取り戻せると信じています。それとともに、思い出したくない記憶がともに甦っても、アクセルとの愛情は揺らがないと。

 では、アクセルは、どうだったのだろうか。

 アクセルは、それほど楽観していないように感じます。物語が進んでいくと、アクセルは過去の自分を断片的に思い出していきます。彼は、過去、アーサー王の騎士だった。その記憶は、必ずしもいい記憶ではない。どちらかと言えば負の記憶の印象を受けます。そのことが、ベアトリスとの記憶を取り戻すことに不安を感じるのでしょう。

 

 結果として、記憶を取り戻した二人が、幸せな結末を迎えたかどうか。離れ離れになったところで物語は終わります。そのことは、何を暗喩しているのか。ベアトリスだけが、船に乗って島に行く。それは、彼女の死を意味しているのか。結末は何かの暗喩なのか。

 登場人津は少なく、ストーリーも分かりやすい。しかし、そこに含まれる著者の意図は掴みづらい。